« 2010年12月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月23日 (土)

ここのところ涼しく過ごしやすい日が続いてますね

先日20日の「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会、無事成功いたしました。

ただ今、アンケートなど集計中です。

後日、詳細報告させていただきます。

水曜日あたりから涼しい毎日です。身体も楽で生活しやすくて助かります。

何よりこんな陽気だとクーラー使わない家庭が多いでしょうね。天候によって自動的に節電が出来てしまうわけですね。

バイクに乗るにもいい陽気です。メンテナンスにいらっしゃるお客様が多いです。景気のせいでしょうか、新車を購入する方が減ってます。中古のスクーターしか売れない今日この頃。

バイクはエコな乗りものです。

バイクのエコは「エコロジー」はもちろんですが、「エコノミー」のエコでもあります。

バイクは上手に使えば、環境に優しい乗り物で、経済的にも優しい乗り物です。

だから、どんなに景気が悪くなってもバイクに乗るお客様は居なくならないと思っております。実際、景気が悪いと買い替え需要は無くなるものの、その分修理にお金を使ってもらえます。

バイク屋さんも色々で、新車を格安で販売しているところも多数ありますね。

ネクサス金沢文庫は価格は高くもなく安くもなくだと思ってます。

で、修理代はなるべく安く提供したいと思うのです。

だからバイクが売れないのかな~なんて悩んだりもします。

最近はインターネットで値段が判ってしまいますから、お客さんは出来るだけ安い店でバイクを購入しようとしてしまいます。

バイクの価格はそうして比較検討できるのですが、修理代と言うのは中々皆さん比較されていないようです。

タイヤ交換くらいは比較される方も多いのですが、その他の修理だと、実際やってみないと判らないものもあったり、なかなか比較がむずかしいですよね。

当、ネクサス金沢文庫では、お客様に満足、納得していただける修理価格を心がけています。修理代の比較はなかなかできませんが、「他店より随分安くて助かった」と言うお声を多数いただいています。

立派な店構えではありませんが、24年の経験と実績がお客様のお役に立っているのでしょう。

なるべく今のリーズナブル価格を維持するよう頑張ってまいります。

2011年7月19日 (火)

KYMCO Downtown125

ネクサス金沢文庫は台湾のスクーターメーカーKYMCOの正規販売店です。

KYMCOの輸入元が今のオートサプライではなく、現在SYMを扱っている会社だった頃から扱わせていただいています。

KYMCOは皆さんもご存知の通り、台湾でナンバーワンのスクーターメーカーです。

ヨーロッパや北米でも結構売れてます。もちろん、アジアも。

今やわが日本のバイクメーカーに追いつき追い越しと言った感じがあります。

製品は良いのに、欧州スクーターの本体価格や部品代の高さに比べ、国産スクーターよりも低価格も魅力の一つかと思います。

当店ではKYMCO気に行ってます。だから、一生懸命販売させていただいています。何度か台湾高雄の本社見学にも招待された事もあります。台湾のテストコースでこれから日本で発売される機種の試乗もしたりしました。

ネット上でも、「KYMCOを買うならネクサス金沢文庫だよ」、と言う書き込みを多数いただいていたりもします。ありがたい事です。

今後もKYMCOの車両は当店の主力販売車両として取り扱って行こうと思っております。

商品力はどんどん向上しています。

台湾のKYMCOさんは素晴らしい企業だと思っています。

ですが、今現在の輸入体制に疑問を感じています。

輸入元のオートサプライさんからしか車両の仕入れは出来ないのですが、オートサプライさんの車両の輸入がムラがあり過ぎるんです。

頼んでも在庫がなく、台湾からの輸入待ち。

次に入荷するのがいつなのか、はっきりしない。。。

それって、輸入商社として問題があるんじゃないでしょうか?

今までは早めに売れそうなものを仕入れたりと当店も努力してまいりましたが、昨今の業界だけでなく、日本社会全体の不景気感によって、それも中々大変です。

しかも当店のスペースは限りがあるのです。

売れてしまってから仕入れると言うようにしないと、あっという間にオートバイ、スクーターがあふれてしまいます。

でも、今の状態だと、売れてから注文しても、次はいつ入荷するか判らないと回答される事が多く、大変困っております。

それに加え、先日オートサプライさんから何の連絡もなく担当営業さんが居なくなりました。

まあ担当さんは失踪したわけではなく、他の部署に代わってしまっただけなんですが、その後の引き継ぎも何もなく、今現在当店の担当営業さんがどこのどなたなのか不明な状態です。

日本の商習慣として引き継ぎなく、変わるってあるんでしょうかね?台湾の方が経営している会社ではないのですが、日本の一般企業の常識とは別なのでしょうか?

別にわざわざ挨拶に来なくてもいいです。電話一本でいいんですよ。「担当が今度から誰誰に変わりました」それだけでいいんです。

電話でもメールでもファックスでも、一切連絡無く、担当さんが居なくなるって。。。。

本当は商品も素晴らしいし、KYMCOのスクーターは今後も売って行きたいんです。

今後もネクサスは皆さんに迷惑をかけないようにKYMCO車の販売は責任持って続けたいと思っています。

入荷のめどが立ちにくいのであれば、当店では代車をお貸しして対応したりします。

その為に毎月、代車、試乗車の為に任意保険にきちんと加入しています。

今回もタイトルの車種ダウンタウン125のお問い合わせをいただきましたが、やはり、納期は未定です。せっかくお問い合わせいただいたお客様には大変申し訳ないです。

なんだか、商品はいいのに、対応の悪さで損をしてしまっていると勿体ないです。

台湾の本社の方々はこの現状を理解してらっしゃるのでしょうか?

だれか台湾語の判る方がいらっしゃいましたら、このページ訳していただけると幸いです。

あ、よく行く伊勢佐木町の中華料理屋さん「口福館」のオーナーさんが台湾出身だったはず。頼んでみようかしら・・・

ネクサス金沢文庫ではお客様には極力ご迷惑をおかけしないよう今後とも努力してまいります。何卒ごひいきのほどよろしくお願いします。

2011年7月15日 (金)

四畳半の住人

お友達がやっているウエブサイト「四畳半の住人」

http://homepage2.nifty.com/NG/

なかなか生活に役立つサイトとして人気があります。

そして、実はうちの店のサイトもこの「四畳半の住人」作成者が作ってくださっているのでした。

今回「ミツバチの羽音と地球の回転」自主上映会を開催するので、当店のウエブサイトに告知して下さいました。ありがとう四畳半!

また、四畳半飼い猫しじみちゃんの日記のページにも告知が!

http://sijimi.fc2web.com/

ほんと、ありがたいです!

本日は引き取りが多い日でした。

夜閉店後も引き取り。

近所のコーヒー屋さん「珈琲の木」のマスターのバイクをスタッフが引き取りに行きました。

こちらのお店でも「ミツバチの羽音と地球の回転」のポスター貼って下さってます。チケットも取扱中!金沢文庫駅から称名寺に向かう途中にある珈琲屋さんです。

http://www.coffee117.jp/

今回は暑さの為にどうやらバッテリーがダメになった模様です。

バイクのバッテリーは うんと寒いときにもダメになりますけど、暑いときにもダメになりがちです。

ちょっと変だな~と感じたら、早めにバイク屋に来て下さいね。

ネクサス金沢文庫は聞くだけならタダですし。

修理点検のお値段もどうやら、このあたりでも一番安いような・・・(お客様がよくそうおっしゃって下さいます)

安くてしかも、国家資格あり国土交通省認証工場なので、安心安全です。

2011年7月13日 (水)

父の命日と「ミツバチの羽音と地球の回転」

7月12日は父の命日でした。

ガンに侵されて、もうダメだ、と呟く父に「バイク屋は夏は忙しいから、冬まで頑張って!」と言う、私。その願いもむなしく、一番暑くて忙しいときに逝ってしまった父でした。

20日に当店でも上映会を行う「ミツバチの羽音と地球の回転」の自主上映が鎌倉で行われていたので、当日お手伝い下さる人と共に鑑賞に行ってきました。

実は、この映画はじめて観たのでした。

観てもいない映画の自主上映を企画しちゃう私も私ですが。。

ですけど、私の勘は間違っていませんでした!

いい映画です、皆さん観て下さい!

いわゆる映画の感想ってのは まあ、それぞれ皆さんあると思いますけど、私的な感想を述べさせてもらいますね。映画の批評ではなくて、私の感想。

まず、祝島で一番若いご夫婦に2歳の御嬢さんがいらっしゃるんですが、これが可愛い。で、たぶん、私の2歳のころもきっとそんな感じだったはず。(ずうずうしい?)ってしみじみ思ったのでした。

祝島の方々がピケ張ってる最中に このお嬢さんの仕草になごんでる訳で、これって、約50年前の私なんですよ。

と言うのは50年前は組合闘争が日本全国あちらこちらで盛んだったんですよ。お若い方はご存知ないでしょうけど(って私も覚えてないけどね)

で、そんな時代にうちの父は京浜急行で組合闘争しておりまして、第二組合で頑張っていたらしいです。今から30年ほど前の成人式の時にたまたま乗り合わせたタクシーの運転手さんが当時の同僚さんで、色々お話してくれたのでした。すごい偶然!

その運転手さんいわく「いや~こんなに大きくなって~女の子はいいな~ちょうど二歳のころ、組合闘争の現場で会ってるんだよ~。あんたのお父さんは、うちの娘はすぐにどうして?どうして?ってうるさくって仕方ないって言ってたなあ~」

どして坊やならぬ、どうして嬢ちゃんだったんですね、私。。。旺盛な好奇心は50過ぎた今でも変わりませんけどね!

映画の内容とはあんまり関係なく、映画観終わった後、そんな事をしみじみ思い出してしまいました。

後ね、中部電力がブイを施設しようとするのを阻止する漁船団のおじいちゃんたちが超カッコいいの。惚れるよ(←実は私老け専)

中電は拡声器でなきゃ声が通らないけど おじいちゃんたち地声。

マイクいらず!

カッコいい!

よく、声の大きい職業として、漁師、バイク屋、やくざと言われます(うちだけかな?言ってるの)。

大きな声じゃないと、危険なんですよね、どの職業も。

やくざはあんまり良くわかりませんが、漁師さんは波の音、風の音、船のエンジンの音に負けない声なんでしょうね。

バイク屋が声が大きいのはバイクのエンジンの音、風の音、ヘルメット越しで音がさえぎられるからの三つの要因と思われます。

まあ、とにかく、たくさんの方々!

20日観に来てね!

祝島名産びわ茶もたくさん用意して待ってます。

当日は無料試飲サービスしますので、ぜひ、飲んでみて下さいね!

上関原発反対署名も同時にいたしますので、ぜひぜひ、こちらもご協力下さい。

2011年7月11日 (月)

ネクサス金沢文庫の元気な高齢者さんたち

うちの店にいらっしゃるお客様、最近は高齢化しています。

これはどこのバイク屋さんもそうなんでしょうけど、若い人よりお年寄りと言われる人の方が多かったりします。リタイアした方、年金ぐらしって方ですね。

でも、そういう方々が元気が良かったりします。

今日も自賠責保険の更新にいらしたお客様、「もうあと何年乗れるか判らないから保険短くていいや」とかおっしゃるのですが、いえいえ、まだまだ当分大丈夫そうですよ。

とりあえず保険は2年加入されましたが、帰り際に今度上映会で上映する「ミツバチの羽音と地球の回転」のチラシを渡しましたら、もう見たとのこと。

よくよく聞いたら、映画が大好きな方で、黄金町の「シネマジャック&ベティ」にしょっちゅう行ってらっしゃるんだそうです。5回鑑賞すると1回無料のカードも利用されているそうで、なかなか老後の生活をエンジョイされています。この方は洋画がお好きなようですが、遅い時間は苦手で主に午前中に鑑賞してらっしゃるんだそうです。

そういえば、今回の自主上映も私より年上の方々は朝の一番目の回(10時から)に行くわね~っておっしゃいます。

これは、以外に午前中が混んだりして・・・

うーーーむ、これからの高齢化社会、バイク屋も朝方に切り替えないといけないかもしれませんね。

とか言いつつ今日も夜更かししてしまいました。今日は、「ミツバチの羽音と地球の回転」のチラシを全部印刷し終えました。

さてさて、初めての上映会、どうなることか?!

とにかく成功させます!

興味のある方はぜひぜひ、観にいらしてくださいね。

2011年7月 6日 (水)

ライダーにとって危険は常に想定内

想定外って言葉が軽々しく使われる今日のこの頃ですが、ライダーにとっては危険は想定内です。

免許の講習だったか安全運転指導員の講習だったかで教官に「だろう運転はいけません。かもしれない運転をしましょう」と教わりました。どういうことかと言うと

常に事故が起こるかもしれないと意識して運転する、

間違っても大丈夫だろうとは思わないこと。

すべてのドライバーやライダーがいつもそんな意識で運転してるとは思いませんが、自分自身はできるだけ、「かもしれない運転」で車やバイクに乗ろうと意識しています。

そして、意識だけではなくて、実際に危険を回避するためのグッズを身につけています。

日本で二輪車に乗る為には最低限ヘルメットが必要なので、どんなライダーでもヘルメットくらいは身に着けます。

危険を想定する抽象的思考ができる賢いライダーであればあるほど、良いヘルメットをかぶっているように感じます。

最近はヘルメットだけではなく、プロテクターも流行っています。これはいい風潮だと思います。

私もなるべくプロテクター着用でバイクに乗っています。125CCスクーターで近所に出かけるときにもこのプロテクター入りベストを着用するようにしています。

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/s/?@0_mall/jline/cabinet/01355537/img56607747.jpg

それと、私のライディング時のお気に入りグッズはこれ!http://www.respro-jp.com/respro/index01.html

このレスプロマスクはサリンでも通さないって説明書に書いてありました!

ホントかどうかは試した事がないのでわかりませんが・・・

花粉症なので、春先は手放せません。

今年は、花粉の季節が終わっても愛用しています。

今日も放射線が飛んでいるようです。

http://savechild.net/archives/4547.html

子供さんがレスプロマスク付けてたら、ちょっといかついですね。後、やはり夏場は蒸れますね。

私は自分の咽喉を守るために我慢して夏でもマスク着用中です。いつも行く横浜信用金庫さんでは、このマスクにサングラス着用の私が店内に入っても慣れてるので、誰も驚きません。ですが、他の銀行に行く時はとりあえず、マスクをちょっとずらして、サングラスだけは外すようにしております。

某大手電力会社さんが、ちゃんと危険を想定してくれていたら、とりあえず放射線は気にしなくてすんだんですけどね。

ほんと、大丈夫だろうって安全を過信するのは個人でも企業でもダメですね。

個人も企業も「かもしれない」と危険を想定して活動してもらいたいもんです。

2011年7月 4日 (月)

3:11以降のネクサス金沢文庫

大変ご無沙汰しておりました。

もう、半年以上このブログ更新しておりませんでした。

その後色々ありました。お読みの皆様にもたくさんの変化があったのではないでしょうか?

3月11日はどちらでお過ごしでしたか?

私は近所のそば屋「寿徳庵」さんで遅いお昼ご飯を食べようとしていたところでした。まあうちの店も、寿徳庵さんも、特にあの地震で被害もなく、その後も営業を続けさせていただいています。

地震は確かに怖かったですけど、私にとってもっと怖いと思ったのは津波と原発でした。

原発のではありませんが、友人にタービンの設計をしている人がいたり、東電のシステムを作った方がいたりで、そんな人々に事故の直後から色々とお話を伺いましたが、「原発事故はかなりヤバいじゃん!」と思いました。

チェルノブイリの事故のときは他国の事だったのと、そのころ結婚したりと、大きく生活が変化したときだったので、あんまり実感がありませんでした。

忌野清志郎さんたちや一部の先鋭的な方々が警鐘を鳴らしていましたが、私自身は東京電力のプロパガンダに洗脳され、ある程度の原発は必要なんだろうな、と思っておりました。安全に運用していれば、あっても良いのでは?と思っていたのです。日本のシステムはソビエトと違ってちゃんとしてるのだろう、とも思っていました。

ですが、今回地震と津波と原発の事故と続き、ちっとも安全ではないことが判りました。

事故後の対応はある意味チェルノブイリ以下だったかもしれません。

想定外。私たちバイク乗りは常に危険を想定してバイクに乗らないといけません。それでも事故を起こしてしまった時の為に保険に入っています。普通の一個人が万が一を想定して生活しているのに、大企業や国家が万が一を想定しないとは!はっきり言ってあきれてしまいます。

誰かがババを引く。

今回、それは福島県の人々でした。

もう、どこかの誰かがババを引くシステムはやめにして欲しい。そう思いました。原発なくしてもいいように、節電をしました。月々3万から4万円使っていた電気代を半分にしました。夜間の看板は消灯しています。地震直後は暖房は止めました。今現在は冷房を止めています。ここ数カ月の電気代は約15000円になりました。

そして、たくさん本を読みました。どうやら、原発は無くしたほうがいいと思うに至りました。

何とかしなきゃ、と言う気持ちになりました。でも、私は忌野清志郎さんのように扇動していくカリスマ性もありません。

色々調べて行くうちに「ミツバチの羽音と地球の回転」と言うドキュメンタリー映画にたどり着きました。http://888earth.net/index.html

瀬戸内海の小さな島「祝島」の人々がずっと長い事対岸の上関原発に反対してきた記録とスエーデンのエネルギー政策のドキュメンタリー映画です。

この映画を地元で上映しようと思いました。

7月20日地元金沢区能見台駅徒歩15分の野口英世記念公園内「長浜ホール」にて、上映します。時間は10時から、13時から、16時、19時からの開始です。頑張って4回上映します。ぜひ、見にいらして下さい。

チケットは当店はもちろん、近隣のショップさんにも協力していただいて販売しております。

取扱店様は

「眠りの専門店きくち」http://282849.com/index.html

「くま薬局」http://www.kuma-pharmacy.com/

「岩下書店」http://www.shakoradio.net/index.html

「ちろりや」http://tiroriya.com/

「ガネーシュ」http://www.ganesh.gr.jp/

「寿徳庵」http://www.1616sagasu.com/seven/77/

それぞれ、私自身がいつもお世話になっているお店屋さんです。今回も協力いただいて本当にありがたいです。そのうち、各店の紹介もさせていただこうと思っております。

ぜひ、皆様、「ミツバチの羽音と地球の回転」観にいらして下さい。

チケットは当日券もありますが、前もって買っていただけるとありがたいです。

上記のお店の他、もちろんネクサス金沢文庫でも売っています。電話でのご予約も承りますので、当日は来れるけど、前もって買いに行けないと言う方は電話で御予約下さい。

045-786-0355

原子力発電所が無くなると江戸時代に戻ると言う政治家がいます。(江戸時代は言い過ぎで本来は1980年くらいに戻るらしいですが)

だったら、私は江戸時代でもいいや!と思いました。江戸時代に戻ったら、馬や馬車でも売るとしましょう。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年8月 »

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31