文化・芸術

2013年10月26日 (土)

チネチッタで映画観てきました。

にほんブログ村 バイクブログ バイク情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

台風がやってくると言うので、お店は暇。

というわけで、心おきなく、昨日の夕方は映画を観に出かけておりました。

川崎にあるチネチッタと言う映画館。

友人が応募した無料試写会とファンの集いに参加してきました!

仕事柄それほど沢山の映画を観ているわけではありませんが、映画は好きな方だと思いますし、卒業した学校が横浜放送映画専門学院だったので、少しくらいは映画に詳しいと言ってもいいのかな~と思ってます(笑)

今も地元で自主上映会のお手伝いなんかしている訳ですが、いわゆるシネコンで娯楽映画を観るのも楽しいもの。

渋谷の単館と言われる映画館「アップリンク」さんのワークショップに参加したりもしたこともありますし、近所の「ジャック&ベティ」さんは、製作者さんを招いて講演会をやってたりするので、参加したこともありますし。

チネチッタさんは、シネコンとはいえ、独特な味があるので、そう言った単館映画館と同じような会合を期待しちゃった私も悪いのでしょうけれど、ファンの集いははっきり言ってがっかりでした。

映画は良かったんですよ。

セブンサイコパス

 http://7-psychopaths.jp/

好きな俳優クリストファー・ウォーケンも出演してるし!

お話自体もシニカルかつエッジが効いてて好きです。

ほんと、アメリカ病んでるわ~。

もう一回観たい!

で、ファンの集いでも、この映画のお話を中心に・・・と思っていたのですが、同じテーブルの人たち

「なんだか よくわからない映画でしたね」

「眠くなっちゃった」

「難しい映画でしたね」

え~面白かったじゃん???!!!!

聞けば、年間3本くらいしか劇場で映画を観ていない人がほとんど。

私と同席の友人なんて300本は観てるから100分の1(笑)

セブンサイコパスは映画らしい映画だと思うので、映画好きな方はぜひ観て下さい。

でも、見つけてない人は判りにくいのかもしれません。

判らない、難しいとおっしゃっていた方々は、そもそも、ひとりで映画館に行ったことが無い人も・・・

え~それって映画ファンですらないじゃん!

せっかくチネチッタさんのイベントは良かったのに、参加する人がつまんなかったです。

スタッフもうまく映画のお話に誘導してくれたらよいものを、そういうこともなく、何故かゴルフの話をしている人も・・・

私たちの座ったテーブルだけがそうだったのかもしれませんが、もっと映画のお話をしたかったなあ。

次回ファンの集いをやるときは立食形式でやった方が楽しいと思いました。

ってか、食べ物まで用意して下さったのですけれど、そこまでしてくれなくていいです。

それより、映画のお話を一緒にできる方と語らいあいたかったな~

私としては、笑えるシーンが多数。

シナリオライターが主人公なんだけど、彼が色々なサイコパスと言われる人を想像しているシーン。

最初仏教徒でサイコパスの殺人鬼で行こうと、思うのだけど、思い直して、アーミッシュでサイコパスの殺人鬼ってのを思いつくわけ。

アーミッシュってば、敬虔なキリスト教徒で戦いを嫌い軍服に通じるからってボタンの付いた服も着ないって人たち

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

それが殺人鬼ってあり得ないでしょ?!

過去の映画では「刑事ジョン・ブック 目撃者」で重要な役割を担います

http://movie.walkerplus.com/mv2862/

そもそも、私自身もこの映画でアーミッシュって人々が居ることを知ったくらい。

映画って知識を広げてくれてすごいですよね。

流石に無理があるので、主人公はアーミッシュを辞めてクエーカー教徒に設定変更(笑)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

これなら ありそうな気がしてきます。

途中、ベトナム人のエピソードもでてくるのですが、私はどーにもベトナムとクリストファー・ウォーケンが重なっちゃって「ディア・ハンター」思い出しちゃって仕方がありませんでした。

http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id14978/

高校の卒業式の前日に一人で横浜駅前の相鉄ムービルで観たのですが、ものすごく疲れたのを覚えております(笑)それくらいおも~~い映画でしたが、それだけに記憶に鮮烈に残っている訳です。

ベトナム人のエピソードででてくる娼婦。

パターン1ではおバカな設定

「そう言えば、昔戦争してたって聞いたことがあるわ」

パターン2は賢い娼婦(笑)設定ではイエール大卒でベトナム語に堪能(御都合主義すぎますが、それは御愛嬌)

「私と楽しい事する?それとも最近読んでハマってるノーム・チョムスキーについて語らいあう?」

えらい違いです(笑)

ここでも、ノーム・チョムスキーという、キーワードを知ってるとさらに笑えるって寸法です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

そもそも、私が映画を観たり、本を読んだりするのは、以下に楽しく笑って過ごすか(笑)って考えてるからなんです。

子供の頃テレビでイギリスの番組「モンティ・パイソン」というのにハマり、知識を得れば得るほど、笑える!という事実に気づいちゃったから!

ま、無駄ちゃ、無駄で、どーでもいい事って言えばそうなんですけれど・・・人生は暇つぶし楽しくやって参りましょう(笑)

季節はいきなり秋を通り越して冬になりつつありますが、芸術文化の秋という事で、たまには皆さん劇場で映画を観てください。一人でみるより、沢山で観るとより味わい深いと私は思うのです。たぶん脳波が同調して足りするんじゃないかしら?

そんな訳で、地元での自主上映のお知らせもしちゃいます。

11月14日金沢公会堂です!

私、こちらの実行委員もやっています。

チケットは当店でも販売中です。

「渡されたバトン~さよなら原発~」という映画です。

http://www.cinema-indies.co.jp/aozora3/index.php

私たちの自主上映は11月14日金沢公会堂で10時半からと、午後2時から、夕方6時半からの3回上映。

日程が合えば、ぜひご参加下さい!

もし、金沢公会堂での日程が合わないと言う方は他の地域でも開催されていますので、ご覧下さい!

http://www.cinema-indies.co.jp/aozora3/schedule.php#kanagawa

2010年12月 8日 (水)

レオニーを見て参りました

先日、みなとみらいの映画館で「レオニー」と言う映画を見ました。レイトショーですので、お店が終わってからの鑑賞です。

最近はシネコンが近所にたくさんあるので、映画を見やすくなっていて、助かります。

シネコンはたいてい大きな駐車場があるので、車で行くのは大変便利。だから公共交通機関が終わってしまう深夜でも映画鑑賞ができます。

みなとみらい地区は駅からちょいと離れたところに映画館やらショッピングモールがあるので、駐車場は当然。ちゃんと二輪用の駐輪スペースがあるところも見受けられます(休日などは足りないでしょうけれど、無いよりはましです)

バイクに乗って遠くに出掛ける事は物理的な旅でありますが、映画やお芝居を見たり、読書をしたり、という行為は心の旅と言えるのではないでしょうか。

距離のみならず、時間も超越できるというところがこの旅の素晴らしいところでもあります。

今回のレオニーは日本では明治時代。

明治時代にこんなアメリカ女性がいたのが驚きです。

私の大好きな小泉八雲の奥様とも交流があったようで、立場が正反対の二人のエピソードだけでも またひとつの物語ができそうです。

NHKのドラマなどで、今幕末から明治にかけてに興味がある方も多いかと思います。

もし、時間があれば、この「レオニー」観てください。

損はしないと思います。

バイクで行く旅は自宅から始まります。

どんな旅でも今自分の居る所が拠点です。

歴史も同じように、今現在の自分からさかのぼって探求していくと、とっても楽しめるのになあ、といつも思います。

自分の生まれたころの事、自分の父親や母親が生まれた頃、祖父母が生まれた頃、と言うようにさかのぼって勉強したら、とっても身に付くのじゃないかと思うのです。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31